MENU

不動産投資コラム

column

投資スケルトン

不動産投資ローンと住宅ローン

全国の不動産投資コラムファンの皆様こんにちは、最近ランチパックのツナマヨネーズ味にハマってるFGH青山です。

さて今回のコラムはこれから不動産投資をスタートされる方向けのお題になるかと思いますが、不動産投資ローンと住宅ローンについて執筆していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

 

2019年8月に住宅ローンフラット35で105件の融資が投資用不動産に不正利用されていることがあり、住宅ローンを不動産投資に利用することは認められていません。

ローンの仕組みやルールを理解したうえで不動産投資を始めましょう

不動産投資ローンと住宅ローンの一番大きな違いは金利であると言えます。

不動産投資ローンより住宅ローンのほうが低金利なケースがほとんどです。理由について住宅は生活に欠かせないこと、不動産投資ローンは事業用ローンであるからです。

金融機関からしてみれば、その事業がうまくいかないケースや、破綻などのリスクを考えて金利を高く設定するからです。

返済原資が違うことも理由にあげられるでしょう、住宅ローンについては毎月の給料で返済をしていくことになりますが不動産投資ローンについては家賃収入などがローン返済の原資となりますので安定性にかけることになります。

以上が金利の違いが影響している理由だと考えています。

 

 

ここで住宅ローンを利用して不動産投資を行うことができるケースを紹介させていただきます。

皆さんの周りでも見かけたことがあるケースです。

それは建物の中に本人が住む住居と賃貸用の住居が共存しているケースになります、つまり賃貸併用住宅を購入する場合であれば、住宅ローンを利用して不動産投資をすることができます。もちろん条件があります、本人の居住用面積が全体の50%以上を占めている建物に限り住宅ローンが適用されます。ハイブリットな不動産投資になりますね。

 

 

さてここで将来的に、自宅と不動産投資物件をローンで購入する予定な場合についてどちらをさきに融資を受けたほうがいいのか考える方も少なくはないのではないでしょうか。

おすすめは不動産投資ローン→住宅ローンになります。理由については、住宅ローンよりも不動産投資ローンの方が融資の審査が厳しい傾向にあるからです。住宅ローンの残債が残っていると、不動産投資ローンの融資額が減ったりすることもあります。まずは不動産投資ローンを組み不動産投資をはじめ、賃貸経営によって得られた収益は、給与などの収入と合算してもらえるケースが多く、住宅ローンの融資金額、審査に有利に働くケースがありますね。

これから不動産投資をはじめる方はローンの仕組みを理解してからはじめていきましょう。

このコラムが少しでも不動産投資の知識として活かしていただければ幸いです、最後までこのコラムを読んでいただき誠にありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売却運用セミナー