運営: 

スペシャリストが発信する不動産投資のトレンド マンション経営ラボ

新築賃貸マンションはどのようなメリットがあるか?

 

 

近年は、ライフサイクルが変わるにつれて住み替えできるため、賃貸する人も多くなってきています。

部屋を借りる際はきれいな部屋の方がいいでしょうが、新築賃貸マンションの場合は高めに家賃がなっている感じです。

一方、古いマンションの場合は、水回りやキッチンが汚れていたりするなどの心配があります。

 

新築賃貸マンションを探す際は、内見を必ず行って仕様や設備などを確認することが大切です。

ここでは、新築賃貸マンションのメリットについてご紹介しましょう。

 

仕様・設備が非常に充実している

新築賃貸マンションというのは、未入居の築1年以内のものです。

ちょっと家賃は高めになりますが、部屋の中がきれいなことがメリットです。

その部屋に初めて住む人であるというのは、やはり気持ちよく新しく生活をスタートすることができるでしょう。

 

また、新築賃貸マンションの仕様・設備は、非常に充実しています。

例えば、浴室乾燥機、専用のネット回線、宅配ボックス、セキュリティ設備のモニター付きインターホンやオートロックなどのマンション、トレンドを導入したマンション、エコな太陽光発電・オール電化などのマンションも多くなっています。

 

セキュリティ面の充実

一人暮らし向けの新築賃貸マンションは、セキュリティに着目されているため、セキュリティ面が充実しています。

特に、モニター付きインターホンが多くなってきています。

モニター付きインターホンの場合は、どのようなお客さんが訪問しているかを確認してから応対ができるため、一人暮らしの女性の場合でも心配ありません。

また、入居する人が必要であると思っているバスや収納、トイレ別などについても、新築賃貸マンションの場合は当然のようになってきています。

 

分譲マンションに引けを取らない仕様

ファミリー向けの新築賃貸マンションの場合、セキュリティ面が標準化されるようになっています。

しかも、大容量のウォークインクローゼットのような収納が準備されていたり、追い炊き機能付きの給湯器、調理が安全にできるIH調理器、温水洗浄便座など、分譲マンションに負けないような性能の高い設備が備えられたりするようになってきています。

 

ペットもOKがじわじわ増加中

近年の小型犬の人気などもあって、ペットと一緒に住める新築賃貸マンションは要望が高くなっています。 数はまだ多くはありませんが、新築賃貸マンションは入居する人の要望を反映して変わってきています。

マンション経営ラボ 編集者
投稿者マンション経営ラボ 編集者
最新の不動産投資情報や株式、投資信託、為替など幅広い投資コンテンツを掲載。 オーナー様自身で最適な不動産の購入・売却・運用の判断材料になる情報をタイムリーに提供いたします。
投資スケルトン
売却運用セミナー
不動産売却無料査定
投資スケルトン
売却運用セミナー
不動産売却無料査定