MENU

【第9回】仮想通貨との比較

2019.9.30
代表取締役社長 渡邊 勢月矢

 

 

【第9回】仮想通貨との比較

仮想通貨の歴史はまだまだ浅く、顧客保護のための保証制度はまだ十分とは言ない状況です。株やFXにもリスクはあるけれど、これらは金融庁が管轄しています。不動産も国交省が管轄しています。そのように国のお墨付きがあるものは、投資の性質に違いはあれどそこまでの問題は起こりえません。それを理解して余剰資金で行うのであれば良いでしょう。

 
そもそも仮想通貨は実体を持っていない通貨です。デジタルデータとして存在している「お金」なのです。本来、貨幣は特定の国家が発行しているものですが、仮想通貨の発行には特定の国や金融機関が関わっていません。仮想通貨と似たものとして「暗号通貨」がありますが、これは暗号を用いて安全性を高めた仮想通貨です。

 
つまり、仮想通貨は存在しないものです。株式投資であれば会社に株券があります。株券が紙というだけですが、こと仮想通貨については本当に実体がありません。ですから危険ですし、これを「投資」と呼ばない方がいいと思います。

 
2017年は主要通貨となるビットコインが1年で20倍に急騰しました。メディアでも派手に取り上げられ、「億り人」と呼ばれる投資成功者が続出して、仮想通貨バブルの年となりました。たしかに当時買っていた人は、一時的に儲かったのかもしれません。

 
私自身をいえば2014年にリップルという仮想通貨を、騙されたと思って投げ銭で買いました。すると5万円が90万円になりました。長らく、それを持っていたことすら忘れていたので「そういえば私、持っていましたよね?」と問合せたところ、すごく伸びていたのです。これは2017年11月の話です。ちょうどいいタイミングで売りました。しかし、これはただラッキーなだけです。

 
2018年1月のコインチェック・ショック(コインチェックから580億円もの仮想通貨が引き出された事件)以降、仮想通貨バブルははじけ主要通貨の価格が軒並み下落しました。取引量も急減、多くのプレイヤーが退場したことがわかります。仮想通貨取引所に対する規制強化の影響もあり、ビットコインは昨年で76%も下落したといいます。ですから皆が皆「億り人」になっているわけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売却運用セミナー