MENU

【第14回】物販

2019.12.16
代表取締役社長 渡邊 勢月矢

 

 

【第14回】物販

「物販」とは、物を売る商売のことです。インターネットのない時代には、実店舗を経営しなければ、物販をすることはできませんでした。しかし、現在はインターネットを使って物を売ることができます。

 
どんな物にも相場の価格があるので、ある程度の売れ行きが見込める商品を安く仕入れられれば、ビジネスが成立します。また、プラットフォーム(Amazon、楽天、ヤフーなど)を使って販売することができるので、初心者に対してのハードルも低くくなっています。

 
また、プラットフォームにはアプリがあるため、スマホで空き時間に作業することも可能です。だからこそ、物販はサラリーマンの副業にも最適といわれているのです。発送作業も自分で行えば大変ですが、ある程度の売上が見込めるのであればアウトソーシングもできるでしょう。外注化すれば、仕入れだけに集中することも可能です。縛りを気にせず、自由に販売したいと思えば、自身でネットショップを開くという方法もあります。ネットショップに関しても仕組みが整っています。

 
どのような商品を売るかといえば、「どこに向けて売るか」によって変わります。日本の商品を海外に売ることができますし、海外の商品を日本で販売することができます。また、ネットショップで仕入れるか、実店舗で仕入れるかという選択肢もあります。

 
一例としては、中古カメラを実店舗で仕入れてネットで販売する……といったようなケースがあります。そのほか、海外で人気がありそうなものを、国内で仕入れて販売するといったことをしている人もいます。もちろん、その逆もあり中国から輸入して日本のユーザーに向けて売るといったやり方もあります。

 
一度、仕組みをつくってしまえばお金がまわる不動産投資に比べると、物販は完全な事業となります。上手に安い商品を仕込むことができたり、ユーザーのニーズに合った商品を用意できればいいですが、参入障壁が低い分ライバルも多いです。また、儲けはそこまで大きくなく、コツコツと継続が必要ということもデメリットかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売却運用セミナー