MENU

独自のビジネスモデル

Business Model

Forceグループ独自のビジネスモデル

FORCEグループは、中古ワンルームマンションの流動性を高めることができる独自のビジネスモデルを構築しています。不動産の所有者様、購入希望者様双方のニーズをヒアリングした上で、独自の投資指標を活用し、お客様が心から満足できるサポートを行っていきます。

投資シミュレーター「透けるとん」

FGH独自の指標

マンションの購入を検討した方、マンションの売却を検討した方、マンションの事で悩み続けてい る方。区分所有マンションの事で色々と考えられたり、悩まれた方は少なくないと思います。ご相談をされた方達も、悩まれている理由は様々でした。中でも一番多いのは、今後のリスクに対しての問題が圧倒的に多かったのです。そして、FGHは『売却運用率®』と『リスクパーセンテージ®』という2つの指標を考案させて頂きました。

投資シミュレーターによる物件リスク可視化

購入に関しても売却に関してもオーナーにとって損をする様では所有する意味がありません。そこで、購入前に、売却前に目に見えるお得倍率が分かるのであれば、ご本人にとって間違い無い判断が出来ます。 投資シミュレーターによりお客様の物件のリスクを可視化した上で、株式会社FGHの収益不動産のプロフェッショナルがご判断のお手伝いをいたします。

ログインページへ

ぜひ我々にご相談ください

収益不動産のプロフェッショナル集団®として、最良なサポートが出来ますので、是非ご相談下さい。 我々は、収益不動産の流動性を高めていくことで、お客様のご要望にお応えします。

用語解説

売却運用率®

FGH独自指標
売却運用率® = 現売却金額 ÷ (◯年後の売却金額 + ◯年後までの実質収支)

数年後の売却運用率分が、今物件を売却する事で、その分、得をすると言う倍数を計算したもの。 3年後が1.3倍ならば、3年後に売却するよりも今売却すれば、1.3倍得に売却が可能。『今売却した金額』と『◯年後の売却金額+◯年後までの実質収支』を比べた数字になります。

リスクパーセンテージ®

FGH独自指標
リスクパーセンテージ® = (ランニングコスト※1 + 年間返済額) ÷ 家賃 × 100(年間)

年間の返済額とランニングコスト※1に対して、家賃の下落も考慮し持ち続けた場合、何パーセントのリスクがあるのかを計算。100%でプラマイゼロ。プラス収支であれば、100%未満の計算になります。 見て頂きたいのは3年後、6年後のリスクパーセンテージが100%未満かどうか。投資指標として、収益不動産を持つうえで好ましいリスクパーセンテージは60%から80%としています。

DCR(債務回収比率)

世界共通投資指標
DCR = 純利益※2 ÷ 年間返済額
年間の返済額に対して、何倍の収入があるかを計算したもの。 1倍を基準とし、1倍より大きければリスクは少なく、小さければリスクは大きい。世界的に、DCRの目安とされてるのが1.5倍以上とされてます。最低でも1.3倍は無いと、収益不動産としては好ましくない。 1未満に関しては、資産ではなく、負債になってしまいます。 ※1 ランニングコスト=管理費・積立金・固定資産・賃貸管理手数料・空室時必要経費 ※2 純利益=家賃-管積-固定資産税-賃貸管理手数料-空室時必要経費 空室時必要経費=3年に一度7万円のリフォームと空室期間3か月分の経費。(空室期間が2か月分・事務手数料が1か月分)
FGHの強み
独自のビジネスモデル
不動産売買のながれ
FGHの強み
独自のビジネスモデル
不動産売買のながれ

売却運用セミナー