【東京 ワンルームマンション 売却】仲介で失敗しないためのポイントは?

公開日2024/07/05
更新日2024/07/04

仲介で失敗しないためのポイントは?ワンルームマンションの売却をよりよい条件で成立させるには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。
 
仲介で失敗したくないのであれば、なんといっても不動産会社仲介業者選びが大切です。
信頼できる不動産仲介業者を選んでください、と今まで何度かコラムで述べていますが、そもそも信頼できる仲介業者を探すことは簡単ではありません。
そこで今回は、不動産仲介業者を選ぶポイントをいくつか紹介します。
 

宅建業免許の免許番号(更新回数)を調べる

                      
不動産仲介業者を選ぶ際には、その業者が宅建業免許を何回更新しているかを確認しましょう。そもそも免許番号がないという業者は、無許可で営業している業者なので論外です。
免許番号の中にある ( ) 内の番号が免許の更新回数を表しており、例えば(1)であれば免許を1回更新しているということで、免許更新は5年に一度のため5年以上営業をしているということになります。
 
FGHの免許番号をみてみましょう→企業概要
 
もちろん、免許番号で不動産業者の歴史の長さはわかりますが、一概に更新が少ない=よくないというわけではありません。しかし、悪いことをしても宅建免許取消処分は簡単に出るものではないので、判断材料のひとつとしては有効でしょう。
 

行政処分履歴を確認する

                       
不動産取引に関して不正や違法行為があった場合、行政処分を受けるケースがあります。
国土交通省が運営している「ネガティブ情報等検索サイト」で検索してみましょう。こちらでは過去5年分の行政処分履歴を確認することができます。
 

ワンルームマンション売却の実績をみる

                       
ワンルーム売却の豊富な実績がある不動産仲介業者であれば、スムーズに売却を進められます。
ワンルームマンションは市場としてはとても小さく、不動産の中でも特殊な案件になるので、ワンルームマンションの売却実績がある不動産会社を選ぶことが重要です。
不動産仲介業者の実績は、口コミやホームページでチェックしましょう。
 

お客様の声・売買成約事例をみる
 

まとめ

                        
不動産の売却では、適切な仲介業者を選ぶことが希望の金額やタイミングでの売却につながります。
つまり、不動産仲介業者選びは売却の成否を左右するということです。
不動産仲介業者を選ぶ際には、こちらのコラムを参考にして慎重にすすめるようにしましょう。

 

こちらの記事も人気です!

▶不動産投資詐欺の手口の事例と対策法

▶住宅ローンでのオーバーローンは違法!過去の投資・悪徳業者に注意

 

株式会社FGHはワンルームマンション売却に特化した収益不動産の仲介業者です。

過去10000件以上の取引実績、最新の取引事例、今後の経済情勢も踏まえ、お客様の様々な状況にあったオンリーワンプラン型のコンサルティングをさせて頂きます。

無料査定

このコラムを書いている人

sakamoto

sakamoto

1985年 愛媛県今治市生まれ 保有資格:不動産コンサルティングマスター/宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士/管理業務主任者/マンション管理士/賃貸住宅メンテナンス主任者/2級ファイナンシャル・プランニング技能士/簿記2級

関連する記事