MENU

不動産投資コラム

column

投資スケルトン

戸建投資とワンルームマンション投資

戸建投資は、ワンルームマンション投資と同様に、ある程度のリターンが見込めて、不動産投資の中でも難易度が易しく始めやすいと言われています。

投資用ワンルームマンションと合わせて、戸建も所有されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、戸建投資について考えてみたいと思います。

 

戸建投資のメリット

戸建物件に投資をする最大のメリットは、なによりも運営中のランニングコストが殆ど掛からないことではないでしょうか。

すでに賃貸中のオーナーチェンジ物件を中古で購入すれば、掛かるランニングコストとしては、『固都税』のみとなります。

区分マンションの場合は、毎月『管理費』と『修繕積立金』がランニングコストとして発生し、空室の期間も負担しなければいけませんが、戸建の場合は、共有部分がありませんので、そういった費用が発生しません。

空室になり、たとえ入居者がなかなか決まらない期間が仮にあったとしても、金銭面や精神的な負担がワンルームマンション投資よりも少ないといえます。

また、賃貸のメインターゲットがファミリー層になります。

一度入居者が決まってしまえば、中長期的に借りてくれる傾向にありますので、単身者向けのワンルームマンション投資と比べると入居者の入れ替わりが頻繁に行われませんので、安定した家賃収入を見込めます。

また、地方、特に郊外の中古で売りに出されている物件は、安価な物件が多く、数十万~500万円から安価に不動産投資を始められることもメリットのひとつと言えるでしょう。

ただし、購入する物件があまりにも田舎に行き過ぎてしまいますと、賃貸需要、売買需要ともになく失敗に終わる可能性がありますので、物件選び・立地の見極めには注意が必要です。

 

戸建投資のデメリット

入居者さえいれば管理自体が楽で、ランニングコストも大して掛からず、貸主業務としては大変喜ばしいことですが、長年住まわれた退去後のリフォーム費用や経年劣化による修繕費用は、ワンルームマンションと比べると高くつく傾向にあります。

一般的な戸建の場合、間取りは2LDK~4LDKになりますので、ワンルームの内装費用と比べれば、2~4倍掛かります。

これは、区分のファミリータイプのマンションにも似たところがありますが、戸建の場合は、外回りの外装工事も所有者負担で修繕していく必要があります。

思わぬ大きな修繕費が掛かる可能性もありますので、運営する上での計画性は大変重要になり、この内外装の修繕をいかにうまく、いかに安くやるかが肝になります。

 

どちらが良い?

ワンルームマンション投資と戸建投資は、不動産投資の始めやすさの観点からみれば同じように思えますが、物件のカテゴリが違います。

金融機関の評価基準や、賃貸・売却する際のターゲット層が大きく異なってきますので、一概にどちらがいいとは正直申し上げられません。

個人的にはワンルームマンション投資のほうが、特に初心者の方には不動産投資としての経営・管理のしやすさという点ではお勧めいたします。

慣れてきたらあれこれチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売却運用セミナー