家の価格の相場を簡単に調べる方法

公開日2019/01/05
更新日2021/07/31

 

 

今のご自宅がいくらぐらいの価値があり、どのぐらいで売れるのか気になる方も多いと思います。

しかし、一から査定方法を勉強し、一つ一つ計算していくのは、慣れてない方には難しいですし面倒です。

そこで今回は簡単に現在の不動産相場を知る方法をご紹介したいと思います。
 

レインズマーケットインフォメーションを利用する

レインズマーケットインフォメーションとは国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営しているサイトです。

不動産流通機構の「レインズ」というシステムがあるのですが、全国の不動産業者は売却依頼を受けた物件をレインズに登録する義務があり、その登録された情報を検索できる不動産業者専用のシステムです。

レインズでは実際に成約になった場合に成約価格と合わせて登録する必要があるのですが、「レインズマーケットインフォメーション」では、その実際に成約となったデータを元に相場を調べることができます。
 
直近一年間の一戸建て・マンションの情報をどちらも検索可能です。
さらに最寄駅や土地、建物面積・間取り・築年数などを絞って検索できますのでとても便利です。
 

土地総合情報システムを利用する

土地総合情報システムとは国土交通省が運営している、実際に不動産取引を行った人にアンケート調査を行い、その取引価格の結果をデータベース化したサイトになります。
過去10年分の情報を見ることができる上に、一戸建て・マンションさらに土地の相場も調べることができます。
住所や路線、駅で絞って探すことが出来ますが、レインズマーケットインフォメーションのように詳細での検索はできません。
その代わり、土地総合情報システムでは全国の土地の「地価公示」と「都道府県地価調査」も合わせて調べることができるので便利です。
 
不動産の価格基準は他に路線価や固定資産税評価額といったものもありますが、「地価公示(公示地価)」と「都道府県地価調査(基準地価)」は共に、実勢価格(実際に取引される基準の価格)に一番近いとされています。
相場を調べる一つの指標となりますので、合わせて利用すればより精度の高い相場を知ることができます。
 

相場は自宅にいてもわかる!

今回ご紹介した方法を利用すれば、自宅にいながらインターネットを利用するだけで、おおまかなご自宅の相場が分かります。

ただ、不動産は個別での様々な要因によって価格が変動してくる為、実際に売却しようと思い立ったらプロの不動産会社へ査定を依頼してみてください。

このコラムを書いている人

マンション経営ラボ 編集者

マンション経営ラボ 編集者

最新の不動産投資情報や株式、投資信託、為替など幅広い投資コンテンツを掲載。 オーナー様自身で最適な不動産の購入・売却・運用の判断材料になる情報をタイムリーに提供いたします。

関連する記事