金投資について知ろう!

公開日2022/04/24
更新日2022/04/18


最近金の価格が値上がりしているというニュースをみなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。
2022年04月11日 09:30に公表された1gあたりの店頭小売価格は、8,604円(税込) となっており、購入を検討している方も多いはず。
 
今回は、金投資の特徴やメリットデメリットについて解説していきます。

■ 金投資の特徴

まずは、金投資の特徴について説明します。
金は市場の流通価格で取引をするので、金相場の価格変動による値上がり益(キャピタルゲイン)を狙う投資です。
購入したときの価格より、販売した時の価格が高ければその差が利益となりますが、株の配当金や不動産投資の家賃といったインカムゲインの利益はありません。
 
株や投資信託はたくさんの種類がありますが、金投資は投資対象が金のみのシンプルな投資となります。

■ 金投資の方法

金投資の方法としては、おもに以下の5つがあります。
 
①金貨や金地金を現物として購入する
②積立として購入する純金積み立て
③投資信託として金に間接的に投資をする
④ETFで金に間接的に投資する
⑤金先物取引
 
少額で金投資をはじめるなら、月々の購入金額を決めて少額から金に投資する「純金積み立て」という方法がおすすめです。金地金や金貨を一度に購入するのと比べて、積立は購入価格の平均を抑える効果があります。

■ 金投資のメリット

金投資のメリットとしては、おもに次の3つが挙げられます。

世界中で普遍的な価値がある

世界には多くの国があり、通貨も多くの種類が流通していますが、金は昔から実物資産として
世界中で普遍的な価値があると言われています。

インフレーションや大災害・戦争・大恐慌などの有事に強い

世界情勢が不安定になると、安定した投資先を求めて金の価格が値上がりします。
また大恐慌の際には株に比べて金は下落率が低いと言われています。

無価値にはならない

金は希少性があり無価値にはならない点がメリットとしてあります。
紙幣や株は国や会社が価値を証明して成り立っているもので、財政破綻や倒産等で価値が暴落することがありますが、金には希少性があり無価値にはなりません。

■ 金投資のデメリット

金投資のデメリットとしては、おもに次の2つが挙げられます。

インカムゲインがない

金投資の特徴にて記載しましたが、株や不動産投資ではインカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙うことができますが、金投資はキャピタルゲインのみを狙う投資となります。

コストとして手数料が多く発生する

購入時にかかる買付手数料や金を現金に変えるときに発生する売却手数料、また業者によっては保管手数料や口座の管理料、年会費等が発生します。
投資する額や業者によって異なりますので、事前に積立金額と年数からどれくらいのコストが発生するのか把握をすることが重要です。

■ まとめ

今回は、金投資についての情報をまとめて紹介しました。
金投資に限らず、投資には基本的にメリットとデメリットが必ず存在します。
金の値上がりによって魅力的に感じていたとしても、冷静に情報収集を行い、自分に合った投資は何か検討してみてはいかがでしょうか。

このコラムを書いている人

YI

YI

神奈川県出身 宅地建物取引士、2級ファイナンシャル・プランニング技能士

関連する記事